費用面を考えて選んだ女性化乳房の治療方法

自費での治療を決意

自費での治療を決意保険が適用される場合も何とか対応できる金額で良かった

女性化乳房かもしれないという意識は実は中学生の頃からあったものの、だんだんと発達してきてしまって大学生になってから自費で治療をすることに決めました。
何となくそれらしいと感じていたのには理由があり、中学生の時から柔道をしていて筋肉トレーニングと一緒にプロテインを摂取していたのです。
乳製品に対してアレルギーを持っていたのでポピュラーなホエイプロテインは使うことができず、大豆プロテインを毎日欠かさず飲んでいました。
それが原因ではないかという気持ちがありつつも、柔道に一直線だった私は胸が膨らんできているのが気にかかっていてもそのままトレーニングとプロテインを続けていたのです。
高校を卒業して柔道をやめることにしたのでプロテインもやめ、自然に治るかと思っていました。
大学生になってしばらくしてもその様子がなかったので、プロテインが原因ではなかったかもしれないという気持ちもあり、これから人前で恥ずかしくないようにしたいという気持ちも相まって病院に行くことにしたのです。
女性化乳房の治療については予め病院に行く前に調べていました。

女性化乳房で悩んでいます。 / 料金表|ベイザー脂肪吸引、コンデンスリッチ豊胸ならMods Clinic(モッズクリニック)  東京 銀座